出石鉄道いずしてつどう
路線概要
 

駅名   営業キロ
江原 えばら 0.0
円山川(貨) まるやまがわ 0.9
(鶴岡(仮))※ つるおか -
上ノ郷 かみのごう 2.5
中筋 なかすじ 4.2
小坂村 おさかむら 6.8
島口 しまぐち 7.6
鳥居 とりい 8.8
出石 いずし 11.2 

※「出石町史」では「鶴岡橋」とも。1934年、1942年の台風の円山川橋梁流出により、円山川の両岸に設けられた。

沿革と歴史

1929、7、21  江原〜出石間開業
1934、9、21  台風により円山川橋梁が流出、10月より鶴岡(仮)で折返し運転開始。1936年6月復旧
1942、9     台風により円山川橋梁が流出、11月より鶴岡(仮)で折返し運転開始。1943年11月復旧
1943、1、20  円山川(貨)開設。砂利運搬開始。敗戦後運行休止
1944、5、1   円山川(貨)〜出石間休止
1951、5、1   江原〜円山川(貨)間休止
1970、7、20  江原〜出石間廃止

廃線跡の状況

江原から円山川まで宅地と生活道路、その先は生活道路。中筋手前からは路盤が残り、小坂町からは農道、鳥居からは山道となり、菅川から先は農地化され痕跡が無い。

写真と調査結果  調査日 江原-中筋 2019,3,15 中筋-出石 2019,3,16
@江原〜出石間

トップページに戻る