国鉄中津川線こくてつなかつがわせん
路線概要
 

駅名   建設キロ
中津川 なかつがわ 0.0
美濃落合 みのおちあい 2.940 
神坂 みさか 7.100
富士見台(信) ふじみだい  12.380
夜烏山(信) よがらすやま 17.980
昼神 ひるがみ 22.310
阿智 あち 25.640
伊那山本 いなやまもと 28.115
伊那中村 いななかむら 31.370
飯田 いいだ 36.175

沿革と歴史

1922、4、11中津川〜下呂間が予定線となる(改正鉄道敷設法73項「岐阜県中津川ヨリ下呂付近ニ至ル鉄道」)
1957、4、3 飯田〜中津川〜下呂間が調査線となる
1961、6、16飯田〜中津川間が予定線となる(改正鉄道敷設法60-2項「長野県飯田ヨリ岐阜県中津川ニ至ル鉄道」を追加)
1962、3、29工事線
1964、4、1 中津川線、下呂線に分割される
1967、5、29飯田にて起工式

現在2027年目標に、JR東海がリニアモーターカーで東京〜名古屋間を建設する計画であるが、途中駅候補として長野県飯田市と岐阜県中津川市が挙っているので、完成すれば中津川〜飯田間に鉄道ができることとなる。(屁理屈っぽいですが)

廃線跡の状況

中津川から神坂までほぼ工事されていないようだった。中央線との分岐点と、神坂付近に境界標が残っているのみである。
長野県側も伊那山本から伊那中村付近が工事されたのみのようだ。

写真と調査結果  調査日 中津川-神坂2010,3,26  昼神-飯田2011,4,1
@中津川〜伊那山本間
A伊那山本〜飯田間

トップページに戻る