国鉄宇品線こくてつうじなせん
路線概要
 

駅名   営業キロ
広島 ひろしま 0.0
(安芸愛宕)※ あきあたご 0.4
大須口(信) おおずぐち 1.2
(東段原)※ ひがしだんばら 1.4
南段原 みなみだんばら 1.8
上大河 かみおおこう 2.4
下大河 しもおおこう 3.3
丹那 たんな 3.8
(下丹那)※ しもたんな 4.7
宇品 うじな 5.9

※正式には1943年に休止、そのまま路線が廃止された。

沿革と歴史

1894、8、20  陸軍省に委託で山陽鉄道が軍用架設鉄道として、広島〜宇品間を竣工
1897、5、1   陸軍省より山陽鉄道が借り受けて開業
1901、9、1   休止
1902、12、29 再開
1906、12、1  陸軍省が譲渡し国有化される
1909、10、12 宇品線となる
1919、8、1   旅客扱を廃止、山陽本線貨物線となる
1930、12、20 芸備鉄道が借り受けて旅客営業再開
1937、7、1   芸備鉄道を国有化、宇品線となる
1966、12、20 上大河〜宇品間を廃止し、「宇品積卸線」という側線扱いとなる。
           広島〜上大河間は旅客扱いを廃止(時刻表からも削除されたが、定期客対象の「通勤通学専用列車」は継続)
1972、4、1   広島〜上大河間を廃止し、「宇品積卸線」含む全区間が「宇品四者協定線」という東広島(貨)の側線扱いとなる
           定期客対象の「通勤通学専用列車」を廃止
1986、10、1  「宇品四者協定線」廃止

廃線跡の状況

広島から丹那までは道路化されているが、その先下丹那までは盛土として残り、宇品までは再び道路となる。

写真と調査結果  調査日 広島-宇品間2018,12,22
@広島〜宇品間

トップページに戻る