国鉄興浜南線こうひんなんせん
路線概要
 

駅名   営業キロ
興部  おこっぺ  0.0 
沢木 さわき 8.4 
元沢木(乗) もとさわき -
栄丘  さかえおか  13.4 
雄武共栄(乗) おむきょうえい -
雄武 おむ※ 19.9 

※地名は「おうむ」

沿革と歴史

1935、9、15 興部〜雄武 開業
1944、11、1 全線営業休止
1945、12、5 全線営業再開
1985、7、15 興部〜雄武 廃止

  1922年4月11日公布の改正鉄道敷設法で「北見国興部ヨリ幌別、枝幸ヲ経テ浜頓別ニ至ル鉄道及幌別ヨリ分岐シテ小頓別ニ至ル鉄道」が規定され、宗谷線(→天北線→廃止)浜頓別駅と名寄線(廃止)興部駅までの路線が予定される。興浜南線はこの予定線の南側開業区間である。
 改正鉄道敷設法に盛り込まれたもののなかなか工事とは行かず1924年ごろ民間の資本で建設する機運さえ上がった。1929年には測量を了えたが、また起工が遅れやっと1933年6月に起工、1935年9月15日に雄武まで開業した。
 戦争の激化で不要不急線ということになり、(日ソ不可侵条約が有効だったはずだが)樺太国境方面へレールを転用するため1944年11月1日に営業休止となりレールが撤去されてしまった。興浜北線が休止された日と同日である。
 戦後、剥がされたレールも樺太へ輸送されておらなかったせいか早くも1945年12月5日に営業が再開されている。これも興浜北線が復活された日と同日である。

 1955年12月20日にはレールバスも投入され、1966年3月24日にはディーゼル化されている。50〜60年半ばの収支係数は150〜250(100円の収入に対して支出が150〜250円)程度だったという。1966年5月25日には残りの北見枝幸までの区間が起工されている。ところが1968年、国鉄諮問委員会による、いわゆる「赤字83線」に選定される。また合理化のため沢木駅が民間委託となっている。
その間にもモータリゼーションと国鉄の累積赤字は進行し1980年成立の「国鉄再建法」により第1次特定地方交通線に指定され、第3セクターによる運営かバス転換化の判断を求められることになる。1981年3月「地方交通線雄武対策協議会」が設置され存続運動が展開される。またオホーツク沿岸の市町村は1981年11月「国鉄オホーツク本線建設促進期成会」を立ち上げ、工事中止された雄武-北見枝幸間を早く完成させ、釧路より稚内まで一貫して整備するよう陳情している。
 1982年には興浜南線の収支係数は1734に達していた。1983,84年には工事中の雄武-北見枝幸間を完成させ、興浜北線と合わせて経営した場合の収支予想をコンサルタント会社に調査させている。しかし1984年12月10日北海道は雄武町に通達し1985年7月15日に廃止された。

参考文献 日塔聡「雄武町の歴史」 1962  雄武町「雄武町百年史」 2006  興部町「興部町百年史」 1993

廃線跡の状況

ほぼ全線で路盤は残っているが、橋梁は解体されている。

写真と調査結果  調査日2009,4,28
@興部〜御西川橋梁間
A御西川橋梁〜栄丘間
B栄丘〜雄武間

トップページに戻る