国鉄岩内線こくてついわないせん
路線概要
 

開業区間

駅名   営業キロ
小沢 こざわ 0.0
国富 くにとみ 2.5
幌似 ほろに 6.0
前田 まえだ 9.0
西前田 にしまえだ 12.1
岩内 いわない 14.9

未成区間

駅名   建設キロ
黒松内 くろまつない 0.000
中の川 なかのかわ 3.740
湯別 ゆべつ 9.900
歌棄 うたすつ 12.740
美谷 びや 17.540
磯谷 いそや 21.400
港町 みなとまち 26.650
雷電 らいでん 32.480
敷島内 しきしまない 39.600
岩内 いわない 43.915

黒松内〜湯別間は寿都鉄道(1972年廃止)の路盤を転用する予定だった(当サイト寿都鉄道参照)。

沿革と歴史

1912、4、1  小沢〜岩内間、岩内軽便線として開通。
1922、9、2  岩内線となる。
1953、8、1  黒松内〜岩内間44キロ予定線となる(改正鉄道敷設法130-2項「後志国黒松内ヨリ岩内附近ニ至ル鉄道」)
1957、4、3  調査線となる
1964、6、25 工事線となる
1972、10、24路盤工事着工認可
1985、7、1  小沢〜岩内間廃止。

廃線跡の状況

全線にわたって路盤が残っているが、幌似から西前田までは工事が始まっており、いつ路盤が消失するかわからない状態となっている。

写真と調査結果  調査日2011,4,30
@小沢〜幌似間
A幌似〜岩内間

トップページに戻る