日本硫黄沼尻鉄道部にほんいおうぬまじりてつどうぶ
路線概要
 

 駅名   営業キロ
川桁 かわげた 0.0
白津 しろづ 1.1
内野 うつの 2.4
会津下館 あいづしもだて 3.6
荻窪 おぎくぼ 4.8
白木城 しらきじょう 7.0
会津樋ノ口 あいづひのくち 7.7
名家 みょうけ 8.4
酸川野 すかわの 9.1
木地小屋 きじごや  11.7
沼尻 ぬまじり 15.6

沿革と歴史

1913、5、11  日本硫黄(耶麻軌道部) 川桁〜大原(→沼尻)間開業
1945、1、1   日本硫黄沼尻鉄道部となる 軌道から地方鉄道となる
1964、6、1   日本硫黄観光鉄道となる
1967、8、1   磐梯急行電鉄となる
1968、10、14 川桁〜沼尻間休止
1969、4、1   川桁〜沼尻間廃止

参考文献 青木栄一「日本硫黄沼尻鉄道部」上下巻 ネコ・パブリッシング 2009

廃線跡の状況

川桁から木地小屋までほぼ道路となっている。木地小屋から農地となり終点までの2キロは路盤が残っている。

写真と調査結果  調査日2013, 3, 30  
@川桁〜会津樋ノ口間
A会津樋ノ口〜沼尻間

トップページに戻る