尾小屋鉄道おごやてつどう
路線概要
 

 駅名   営業キロ
新小松 しんこまつ 0.0
西吉竹 にしよしたけ 2.7
吉竹 よしたけ 3.1
遊園地前 ゆうえんちまえ 4.1
花坂 はなさか 5.4
西大野 にしおおの 6.3
大杉谷口 おおすぎだにぐち 7.2
金野町 かねのまち 7.7
金平 かなひら 9.0
さわ 10.7
塩原 しおはら 11.2
波佐羅 はさら 12.1
観音下 かながそ 12.8
倉谷口 くらたにぐち 14.8
長原 ながはら 15.9
尾小屋 おごや 16.8

正式には尾小屋が起点である。

沿革と歴史

1919、11、26正田順太郎(個人) 新小松〜尾小屋間開業
1920、6、11 横山鉱業部鉄道となる
1929、7、2  尾小屋鉄道となる
1977、3、20 新小松〜尾小屋間廃止

廃線跡の状況

新小松から吉竹は道路になっている。吉竹から大杉谷口までは生活道路、その先は長原まで路盤が延々と農道として続いている。

写真と調査結果  調査日 新小松-尾小屋間 2014,4,5
@新小松〜金平間
A金平〜倉谷口間
B倉谷口〜尾小屋間


トップページに戻る