国鉄岩日北線こくてつがんにちきたせん
路線概要
 

 駅名   建設キロ
錦町 にしきちょう 0.00
出市 いずし 2.16
周防深川 すおうふかがわ 5.65
下須川 しもすかわ 8.80
高根口 たかねぐち 10.65
六日市 むいかいち 16.60
七日市 なのかいち 23.86
柿木 かきのき 29.73
日原 にちはら 40.97

沿革と歴史

1922、4、11 予定線(改正鉄道敷設法96項「山口県岩国ヨリ島根県日原ニ至ル鉄道」)
1952、3、29 調査線
1954、6、25 工事線
1960、11、1 国鉄岩日線(現錦川鉄道)川西〜河山間開業
1963、10、1 河山〜錦町間開業
1964、3、23 日本鉄道建設公団に継承
1967、11、24錦町〜六日市着手
1974、5、31 六日市〜日原間工事認可

廃線跡の状況

全線に渡ってほぼ路盤が残っている。現在雙津峡までは舗装され、列車に見立てた遊覧車が走っている。

写真と調査結果  調査日 2003,7,28
@錦町〜周防深川間
A周防深川〜高根口間
B高根口〜六日市間


トップページに戻る