井笠鉄道いかさてつどう
路線概要
 

本線

駅名   営業キロ
笠岡 かさおか 0.0
鬮場 くじば 1.1
大井村 おおいむら 3.5
小平井 おびらい 5.0
吉田村 よしだむら 6.1
新山 にいやま 8.5
北川 きたがわ 11.6
薬師 やくし 12.8
木之子 きのこ 15.2
七日市 なぬかいち 18.2
井原 いばら 19.4

矢掛支線

駅名   営業キロ
北川 きたがわ  0.0 
備中小田 びっちゅうおだ 1.2
毎戸 まいど  2.5 
本堀 もとほり 3.3
川面  かわも 4.6
矢掛 やかげ 5.8

神辺線

駅名   営業キロ
井原 いばら  0.0 
出部 いずえ 1.5
下出部 しもいずえ 2.5 
高屋  たかや 4.0
両備金光 りょうびこんこう 5.1
御領 ごりょう 7.4
両備国分寺 りょうびこくぶんじ 8.6
湯野 ゆの 9.8
神辺 かんなべ  11.8

沿革と歴史

【井笠鉄道】
1913、11、17 井原笠岡軽便鉄道 笠岡町(→笠岡)〜井原間開業
1915、11、26 井笠鉄道となる
1921、10、25 矢掛支線 北川〜矢掛間開業
1925、2、7   高屋線 井原〜高屋間開業

【神高鉄道】
1922、4、9   両備軽便鉄道 神辺〜高屋間開業
1926、6、25  両備鉄道となる
1933、8、31  神高鉄道となる
1940、1、1   井笠鉄道に譲渡

【合併後の井笠鉄道】
1967、3、31  矢掛支線 北川〜矢掛間、神辺線 井原〜神辺間廃止
1971、4、1   笠岡〜井原間廃止

 参考 1999、1、11 井原鉄道 清音〜神辺間開業

廃線跡の状況

本線:笠岡から小平井までは小道となって続き、七日市まで2車線道路となっている。その先井原までは区劃整理で判らない。
矢掛支線:北川から備中小田までは一部路盤が残る。毎度までは農地や道路となっている。矢掛手前まではほぼ井原鉄道の用地になっている。
神辺線:一部を除きほぼ井原鉄道の高架となっている。

写真と調査結果  調査日 本線2019,4,6 矢掛線2019,12, 神辺線2019,4,7
@本線 笠岡〜吉田村間
A本線 吉田村〜井原間
B矢掛支線 北川〜矢掛間
C神辺線 井原〜神辺間


トップページに戻る