国鉄呼子線よぶこせん
路線概要
 

 駅名(仮称)   建設キロ (虹の松原起点)
虹の松原 にじのまつばら 0.0 
新唐津(現東唐津) しんからつ 1.800 
唐津 からつ 5.040
西唐津 にしからつ  7.276
佐志  さし 11.230
肥前相賀 ひぜんおうが 14.780
肥前湊 ひぜんみなと 17.200
屋形石 やかたいし 20.200
呼子 よぶこ 22.875
伊万里 いまり  63 

沿革と歴史

参考1922、4、11 改正鉄道敷設法112項「佐賀県岸獄ヨリ伊万里ニ至ル鉄道」 (かつての唐津線岸岳支線を利用して伊万里に到達する路線が予定されていた)
1961、6、16 予定線 改正鉄道敷設法に、111-3項「佐賀県唐津ヨリ呼子を経テ伊万里ニ至ル鉄道」 を追加
1962、3、29 調査線
1964、6、25 工事線
1968、9、1  桜町(西唐津と佐志の中間)〜呼子間工事着手
1975、5、1  虹の松原〜桜町間工事着手
1983、3、22 筑肥線虹の松原〜山本間廃止、虹の松原〜唐津間が筑肥線として開業
1989、4    工事再開の期限を過ぎたため国鉄清算事業団に継承

参考文献 呼子線跡地活用検討協議会「呼子線跡地活用方策に関する調査報告書」 1991

廃線跡の状況 

唐津から西唐津は一部用地が残っている。西唐津から屋形石までは高架橋がほぼ撤去されている。屋形石からは路盤が道路に転用されているので橋梁や路盤が残っている。

写真と調査結果  調査日 唐津-佐志2007,11,23 佐志-呼子2007,11,24
@唐津〜佐志間
A佐志〜肥前相賀間
B肥前相賀〜屋形石間
C屋形石〜呼子間

トップページに戻る