国鉄白糠線しらぬかせん
路線概要
 

 駅名   営業キロ
白糠 しらぬか 0.0 
上白糠 かみしらぬか 6.0
共栄(乗) きょうえい -
茶路 ちゃろ 11.8
縫別  ぬいべつ 19.3
上茶路 かみちゃろ 25.2
下北進 しもほくしん 30.7
北進 ほくしん 33.1

未成区間

駅名(仮称)   建設キロ(白糠起点)
釧路二股
(北進)
くしろふたまた  33.26 
鯉方(信)  こいかた 43.50
茂螺湾 もらわん 54.72
螺湾 らわん 57.74
中足寄 なかあしょろ 64.62
足寄 あしょろ 74.90

沿革と歴史

1953、8、1  予定線  改正鉄道敷設法に、147-2項「釧路国白糠ヨリ十勝国足寄ニ至ル鉄道」 を追加
1956、2、24 調査線
1957、4、3  工事線
1964、10、7 白糠〜上茶路間 開業
1969、7、29 二股〜足寄間工事着手
1972、9、8  上茶路〜北進間 開業
1983、10、23白糠〜北進間 廃止

 1925年に白糠、茶路沢の農家が「甜菜輸送のため白糠から縫別まで軌道を敷設してほしい」と請願していた。
これとは別に釧路国弟子屈(現釧網線摩周駅)を起点とし白糠町の奥地二股(白糠線の北進)を経由して十勝国本別(旧国鉄池北線の本別駅)を終点とする釧勝線鉄道計画があった。
 しかし白糠村は1948年から白糠駅を起点とし足寄(旧国鉄池北線の足寄駅)を終点とする陳情をするようになる。1950年には「白糠駅を起点とし白糠村字茶路原野及び右股を通過し十勝国足寄郡足寄村字上螺湾及び螺湾及び中足寄を経て足寄駅を終点とする」と具体的ルートで誘致運動が白糠・足寄村で展開された。そのためついに1953年8月1日に改正鉄道敷設法で147-2項「釧路国白糠ヨリ十勝国足寄ニ至ル鉄道」が追加された。
 石炭埋蔵量の豊富な沿線では鉱業権を持つ会社に開発計画を提出させ中央への陳情を強めた。1956年2月24日調査線となり1957年4月3日工事線となる。9月5日には着工式が挙行された。その前8月から札幌工事局の測量が入る。丙線規格で、最急勾配16‰、最小半径400mだった。
 しかし1955年に政府が「石炭鉱業合理化臨時措置法」を公布する等、既に石炭は衰退がはじまっていた。
 1960年には白糠から上茶路までの路盤は完成したものの、二股までの工事は頓挫してしまう。理由は「石炭開発に陰りが生じている」だった。開業に踏み切ることができなかった。しかし当時の白糠町長は石炭鉱業審議会に通い詰め、全国的に炭鉱が閉山している時期にも拘わらず1964年に上茶路炭鉱の開発許可を出させた。ついに1964年10月7日白糠〜上茶路間が開業する。上茶路はすぐに炭鉱街になったという。1969年7月31日には足寄側からも起工式が行われた。中足寄までの約4キロ路盤工事と螺湾までの用地買収がなされた。
 
 一方で根室線新得より旧士幌線士幌を経て旧池北線足寄へ到達する約87キロの「北十勝線」計画が持ち上がった。札幌方面と釧路との短絡ルートとして計画され、足寄にて白糠線と接続し釧路へ到達する物であり(帯広を通らない強引なルートだとおもうが)ゆくゆくは白糠線も一翼を担うこととなるはずだった。
 「北十勝線」は1957年沿線首長らが新得-足寄間鉄道新設促進協議会を結成、1961年に予定線、1962年に調査線、1964年に工事線となったが、測量のみで実際に着工されてはない。

上茶路炭鉱は1970年には閉山するも上茶路〜二股間は開業できる状態となったが、ここへきて国鉄が開業引き受けを拒否する。
 そもそも経営する国鉄は、1968年に選定した「赤字83線」の廃止候補リストに入っている白糠線の、まして延伸開業など赤字必至であるとして開業を渋っていた。しかし1972年9月8日、当時の田中内閣の運輸大臣の命令で強引に上茶路〜北進間が開業した。白糠線は政治線であったと「白糠町史」でもみとめられている。
 当初終点は「釧路二股」となる予定であったが「北進」と改められた。また終点から一つ手前の「奥茶路」も「下北進」とした。
 国鉄の累積赤字はいよいよ深刻になり1980年成立の「国鉄再建法」により白糠線は第1次特定地方交通線に指定される。白糠町内のみの路線であったためか協議はスムーズに進み1983年10月23日に廃止された。北進開業からわずか11年であった。特定地方交通線で最初に廃止された路線であることは有名である。

参考文献 白糠町「白糠町史」 1987  足寄町「足寄町史」 1973

廃線跡の状況

白糠〜北進の開業区間は、廃止が昭和58年だけあって全線に渡ってほぼ橋梁や路盤が残っている。
北進〜足寄の未成区間は、足寄から中足寄付近まで工事が進められていたが、あまり遺構は残っていない。

写真と調査結果  調査日 白糠-縫別2007, 5, 1 縫別-下北進2008, 6,7 下北進-北進2010,4,28 未成区間 足寄-中足寄2008,6,6
@白糠〜上白糠間
A上白糠〜茶路間
B茶路〜縫別間
C縫別〜上茶路間
D上茶路〜下北進間
E下北進〜北進間
F足寄〜中足寄間

トップページに戻る