国鉄広尾線こくてつひろおせん
路線概要
 

 駅名   営業キロ
帯広 おびひろ 0.0
依田 よだ 4.1
北愛国 きたあいこく 6.7
愛国 あいこく 11.0
大正 たいしょう 16.7
幸福 こうふく 22.0
中札内 なかさつない 28.1
更別 さらべつ 35.4
上更別 かみさらべつ 42.0
忠類 ちゅうるい 50.0
十勝東和 とかちとうわ 54.4
大樹 たいき 60.6
石坂 いしざか 64.9
豊似 とよに 71.2
野塚 のづか 76.3
新生 しんせい 79.1
広尾 ひろお 84.0

沿革と歴史

1929、11、2 帯広〜中札内間開業
1930,10,10中札内〜大樹間開業
1932、11、5 大樹〜広尾間開業
1987、2、2  帯広〜広尾間廃止

【構想から建設まで】
 1900年8月、広尾町有志が内務大臣に築港と日高十勝間の鉄道を陳情している。1909年8月25日、有志により日高から広尾を経て帯広に到る鉄道の「日勝鉄道線期成同盟会」が結成された。函館からの鉄道は既に帯広まで開通していたが、石勝線がない当時は非常に迂回する為である。

日高では日高実業協会が日高十勝東海線鉄道敷設を唱え、これに呼応して十勝側でも十勝国民大会が開かれた。1910年5月には鉄道院による視察がされた。その結果、日高国境は軽便鉄道として難工事が予想されるため、苫小牧〜浦河間と帯広〜広尾間を先行することとなった。日高側では苫小牧軽便鉄道が、1913年までに苫小牧から富川まで軽便鉄道が開業している。

広尾〜浦河までの日勝鉄道線は1918年9月、札幌で日勝鉄道大会が開催され、1920年、広尾から東広尾川を遡り〜幌満〜様似〜浦河までの現地踏査がされた。

 1922年の改正鉄道敷設法133項に「胆振国苫小牧ヨリ鵡川、日高国浦河、十勝国広尾ヲ経テ帯広ニ至ル鉄道」が規定された。帯広〜広尾間の予算は1923年3月21日に貴族院を通過した。1924年着工の予定だったが関東大震災の影響で遅れ1927年8月1日に起工した。1929年11月2日に帯広〜中札内間が開業、1930年10月10日に中札内〜大樹間が開業、1932年11月5日に大樹〜広尾間が開業した。

 1933年再び日勝鉄道線の踏査が行われ、1934年鉄道省測量隊が調査に入ったが戦争により凍結される。

【戦後から廃止まで】
 1947年、大樹村と豊頃村は、大樹と根室線の豊頃を結ぶ請願書を関係方面に出している。石勝線が無かった当時においては、日勝線と合わせれば函館から釧路方面への最短ルートにもなりうるものである。日勝鉄道に関しては、1967年「日勝えりも線鉄道建設促進期成会」が設立された。これは戦前に踏査されたルートではなく、もっと襟裳岬に近いルートだったようである。

 1955年にディーゼル化、1957年に依田、1960年には十勝東和、新生乗降場が開業した。しかしその後のモータリゼーションにより、輸送量は減少していく。1974年12月、国鉄は合理化により愛国、石塚、野塚駅の無人化と大正、上更別、豊似駅の民間委託化を実施する。1982年9月、貨物営業を廃止した。広尾線の旅客は1965年の6764万人キロから1985年の2157万人キロ、貨物は1967年の1735万トンキロから1981年では174万トンキロになっていた。営業係数は1962年の129から、1985年は792になっている(幸福駅ブームにより1974年は189と急な改善をみた、当年は入場券の売上で広尾線総収入の80%を占めたという)。1982年11月22日、国鉄再建法で広尾線が第二次特定地方交通線に選定される。1983年2月に沿線住民と首長が「国鉄広尾線存続決起大会」を開催した。1984年5月、沿線住民首長と道が懇談会を開催し、道知事が廃止反対の意見書を運輸相に提出する。1984年6月、運輸省の主催で沿線首長のヒアリングが行われたが、運輸大臣は廃止を承認する。以後廃止へ向けて協議会が設置される。1985年8月28日の第2回協議会では、既存のバスも雪による運行不能がない事からバス転換に支障がないことが確認された。1985年12月の第3回協議会で提出された国鉄による第3セクター化の収支試算は、初年から4億の赤字となり7年で転換交付金がなくなるというものだった。1986年2月、第4回協議会でバス転換を決定する。1987年2月2日に廃止された。

参考文献 広尾町「広尾町史」1960 「新広尾町史第一巻」1978 「新広尾町史第ニ巻」1980 大樹町「新大樹町史」1995 大正村「大正村史」1964

廃線跡の状況

帯広から更別までは一部を除き農地化されているが、更別から広尾までは大部分で路盤が残っている。

写真と調査結果  調査日 帯広-大正間 2012,4,26 大正-更別間 2012,4,27 更別-十勝東和間 2012,4,28 十勝東和-豊似間 2012,4,29 豊似-広尾間 2012,4,30
@帯広〜愛国間
A愛国〜幸福間
B幸福〜更別間
C更別〜忠類間
D忠類〜大樹間
E大樹〜豊似間
F豊似〜新生間
G新生〜広尾間

トップページに戻る