JR名寄本線ジェイアールなよろほんせん
路線概要
 

 駅名   営業キロ 駅名   営業キロ
名寄 なよろ 0.0 潮見町 しおみちょう 91.9 
中名寄 なかなよろ 5.8 紋別 もんべつ 93.1
上名寄 かみなよろ 9.7 元紋別  もともんべつ 97.7
矢文 やぶみ 12.1 一本松 いっぽんまつ -
岐阜橋 ぎふばし 13.8 小向 こむかい 105.9
下川 しもかわ 16.5 弘道 こうどう -
二ノ橋※ にのはし 21.4 沼ノ上※ ぬまのうえ 112.6
幸成 こうせい - あさひ 117.2
一ノ橋※ いちのはし 27.9 川西 かわにし 119.3
上興部 かみおこっぺ 38.9 中湧別 なかゆうべつ 121.9
西興部 にしおこっぺ 45.2 北湧 ほくゆう -
六興 ろっこう  (厚生病院前(乗)) こうせいびょういんまえ -
中興部  なかおこっぺ 52.2 上湧別 かみゆうべつ 126.5
班渓 ぱんけ - 共進 きょうしん 129.7
宇津 うつ 58.6 開盛 かいせい 133.6
北興 ほっこう 64.3 北遠軽 きたえんがる 135.4
興部 おこっぺ 67.8 遠軽 えんがる 138.1
旭ヶ丘 あさひがおか -  
豊野 とよの 73.0  
沙留 さるる 77.7  
富丘 とみおか -  
(川向(乗)) かわむかい -  
渚滑 しょこつ 88.9  

湧別支線

駅名   営業キロ
中湧別 なかゆうべつ  0.0
四号線 しごうせん 3.0
湧別 ゆうべつ 4.9

※地名はそれぞれ二の橋 一の橋 沼の上

沿革と歴史

【湧別線】
1915、11、1 遠軽〜社内淵(→開盛)間が軌間762mmで湧別軽便線として開業
1916、11、7 遠軽〜社内淵(→開盛)間1067mmに改軌
1916、11、21社内淵〜下湧別(→湧別)間開業
1922、9、2  遠軽〜中湧別間を湧別線とする


【名寄線】
1919、10、20名寄〜下川間が名寄線として開業
1920、10、25下川〜上興部間開業
1921、3、25 興部〜中湧別間が名寄東線として開業、名寄〜上興部間を名寄西線とする
1921、10、5 上興部〜興部間開業、名寄〜中湧別間を名寄線とする
1923、11、5 名寄〜中湧別間を名寄本線とする
1932、10、1 遠軽〜下湧別(→湧別)間を名寄本線に編入
1987、4、1  JR北海道に継承
1989、5,1  名寄〜遠軽間、中湧別〜湧別間廃止

廃線跡の状況

名寄から上名寄は路盤が残っているが、上名寄から幸成まではほとんど農地化されている。幸成から上興部までは路盤が残っている。上興部から興部まではほとんど農地化されている。興部から中湧別まで紋別市街を除いて、大橋梁は撤去されているもののほぼ全体的に路盤は残っている。湧別支線および中湧別から上湧別までは道路に、上湧別から遠軽までほぼ路盤が残っている。

写真と調査結果  調査日 名寄-矢文間 2014,5,17 矢文-一ノ橋間 2014,5,18 一ノ橋-上興部間 2014,5,19 上興部-宇津間 2014,5,20 宇津-興部間 2014,5,21 興部-沙留間 2014,4,29 沙留-紋別間 2014,4,30 紋別-沼ノ上間 2014,5,1 沼ノ上-中湧別間 2014,5,2 中湧別-遠軽間 2014,5,3 湧別支線 中湧別-湧別間 2014,5,2
@名寄〜中名寄間
A中名寄〜下川間
B下川〜一ノ橋間
C一ノ橋〜天北峠間
D天北峠〜上興部間
E上興部〜六興間
F六興〜宇津間
G宇津〜興部間
H興部〜豊野間
I豊野〜富丘間
J富丘〜渚滑間
K渚滑〜紋別間
L紋別〜一本松間
M一本松〜沼ノ上間
N沼ノ上〜中湧別間
O中湧別〜開盛間
P開盛〜遠軽間
Q湧別支線 中湧別〜湧別間

トップページに戻る